2014年2月9日日曜日

第十一幕 戦場のピアニスト

戦場のピアニスト(2002年)は、ポーランドでのユダヤ人迫害に材をとった映画。
ユダヤ系ポーランド人のポランスキー監督がメガホンを取り、カンヌ映画祭最高賞パルムドール、米アカデミー賞で監督賞、脚色賞、主演男優賞の3部門受賞。

主人公のピアニスト、ウワディク・スピルマンは実在の人物。
管弦楽から大衆音楽までを手がけたポーランド人にはおなじみの音楽家です。ちなみに彼の子息は、日本の大学で教鞭をとっています。



本作品では、ホロコーストの嵐が吹き荒れる第二次大戦中のポーランドで、スピルマンが迫害と戦火を逃れて生き抜くさまを描きます。ポランスキー監督自身も、命からがらナチスの手から逃れたそう。母親はアウシュビッツで命を奪われたといいます。 目を奪れるのは、ナチスの迫害の凄惨さ。目を背けたくなるシーンの連続です。
冒頭、ラジオ局で収録演奏をしていたスピルマンは、突如としてドイツ軍の爆撃にあいます。
跡形もなく破壊されたスタジオ。それは、スピルマンたちポーランドのユダヤ人に降りかかる苦難の始まりにすぎませんでした。ポーランドに侵攻したナチスは、ユダヤ系の市民を一人残らず探しだします。彼らはユダヤ人の居住区「ゲットー」に押し込められるのです。

戦時中でただでさえ物資が不足した時代。
社会から隔離されたゲットーで、スピルマンたち多くのユダヤ人たちが生活難に陥ります。スピルマンもカフェの演奏でどうにか生計を立てていましたが、さらなる苦難が襲うのです。ナチスによる強制収容所への移送でした。 スピルマンの一家も、収容所行きの列車に引き立てられていきます。
ところが彼一人だけが一命をとりとめるのです。偶然にも居合わせた旧知の警察署長の機転で、列車を待つ列からつまみ出されたのです。 こうして再びゲットーに戻ったスピルマン。

列車から離れていくスピルマンとは対照的に、家族は収容所送りにされてしまいます。
ここでスピルマンが、家族の命乞いをしたり、あるいは家族と運命をともにするなどといえば、感動的なのでしょうが、彼はそれ以上の行動をとろうとはしません。
また引き離されていく家族も、彼に恨めしい視線を送るわけでもありません。
せめて彼一人が生き延びることができるなら。この世から消えて行く自分たちのの運命を悟った上でのことだたのでしょう。

ところが、彼には安寧は訪れません。ここからスピルマンは隠れ家を点々とする生活を送ることになるのです。音楽家として知り合ったポーランド人にかくまれたものの、隣人に何度も発見されて逃亡を余儀なくされます。
その後に頼みにした反ナチスのレジスタンス活動家は、ワルシャワ蜂起を起こすものの失敗。彼らはむごたらしく殺されてしまいます。

ポーランドに迫っていたソ連軍が、この蜂起と連携すれば成功した可能性もありました。
ところが、ロンドンにあったポーランド亡命政府は自由主義陣営寄り。ソ連とは家でイデオロギー的に相容れない関係でした。

こうしてスピルマンが逃亡を繰り返すうち、首都ワルシャワは廃墟と化してしまいます。
彼は廃墟の病院に一人身を潜めます。 このまま戦争が終わるまでやり過ごせそうに思えたある夜のことでした。

こぼれ落ちた缶詰に手を伸ばしたスピルマンの目の前に、一人の男の姿が。
それはほかでもない。スピルマンたちユダヤ人を追い回してきたナチスの将校だったのです。

スピルマンの命は風前の灯。
しかし、どのような運命のいたずらか、スピルマンに一筋の光が差します。
将校は片隅の古ぼけたピアノを無言で指差すのです。演奏でピアニストであることを証明せよ、と。
スピルマンは将校一人だけを聴衆に、一世一代の演奏をみせます。もし下手をしでかせば、ピストルで打ち抜かれるだけという絶体絶命の危機。忘れかけていた鍵盤の感触を確かめるように、スピルマンは無心で音色を奏でるのです。

この演奏に心打たれた将校は、スピルマンを見逃します。
それどころか、食料を分けてやりさえしたのです。

そして、スピルマンが待ちに待った終戦を迎えます。
周囲にはユダヤ人はもちろんのこと、ワルシャワ市民の姿すら見当たりません。

奇跡的にナチスの迫害と戦乱を生き抜いたスピルマンが見たのは、ソ連軍の捕虜となったナチス将兵の姿。
鉄条網の向こう側には、スピルマンにも顔なじみの捕虜の姿がありました。そう。彼の命を救った将校でした。
スピルマンに命乞いをする将校。しかし、彼はその場を立ち去ってしまいます。
なぜ助けなかったのか。その真意はわかりません。

この後、ポーランドの国民的音楽家として名声を得るスピルマン。
しかしながら、本作品で描かれる彼の姿は徹底して受動的です。蜂起する同胞たちをよそに、大戦中も支援者の隠れ家を点々とするだけ。さらには誰かに救いの手を差し伸べることもしません。

彼の姿は、ナチスに運命をもてあそばれたユダヤ人を象徴しているともいえます。
ポランスキー監督はスピルマンの姿を通して、自身の静かな怒り、鎮魂の思いを込めたのかもしれません。

2014年2月6日木曜日

第十幕 かもめ食堂 

「かもめ食堂」に、見る側を高揚させるようなエキサイティングなシーンはありません。
それでもひきつけられるのは、平凡な人たちの平凡な夢を描いているからでしょう。




平凡ではないのは舞台がフィンランドであること。同じ海外でも、アメリカよりフィンランドのほうが穏やかで静かというイメージがある。「ムーミン」などで知られるとはいえ、日本人にとってまだまだなじみのある国とはいいがたい。
誰にでも届きそうだけど、誰にも知られたくないひそやかな幸せ。この映画はそんな気持ちを抱かせるのです。


メインキャストの三人も、失礼を承知でいえば、どこにでもいそうな女性。でも好感がもてます。
かもめ食堂を切り盛りする主人公・サチエ(小林聡美)。それを手伝うミドリ(片桐はいり)、マサコ(もたいまさこ)。彼女たちの頭にあるのは、おいしい食事を提供するということ。そしてお客さんが一人でも増えてほしいということ。


三人とも事情を抱えてフィンランドにやってきたようなのに、あえてそれぞれの心のうちに立ち入らない。食堂での会話や仕事を通じて、無言のうちに分かり合っている。


この映画の唯一のクライマックスといえなくもないのは、サチエの念願かなって、かもめ食堂が初めて満席となるシーン。ここでも女性たちが手をたたいたり、抱き合って喜ぶことはありません。ただ静かに喜びをかみしめるだけです。


他人に誇るような輝かしい経歴はなくとも、なにげない一日一日を積み重ねることの大切さ。そんな気持ちに立ち返れることが、公開から年を重ねても、この映画が支持され続けている理由なのでしょう。



2014年2月3日月曜日

第九幕 人生の特等席 

「人生の特等席」は2012年のアメリカ映画。
クリント・イーストウッド演じる大リーグのスカウトマンと娘との愛情がテーマ。
イーストウッドはグラン・トリノ(2008年)以来の久々の主演作。

アトランタ・ブレーブスのスカウトを長年務めてきたガス(イーストウッド)は、選手を発掘するため全米をくまなくめぐる生活を長年続けてきました。自然、家族との時間は犠牲にあってしまいます。

球団側から引退を勧められるものの、野球を愛するガスは聞き入れません。経験と観察眼に頼った彼のスカウト手法はしだいに時代遅れになっていたのです。偏屈なガスは球団から疎まれることになります。

そんな孤独なガスのもとを訪ねるのが、一人娘のミッキー。弁護士事務所で働くキャリアウーマンでしたが、久方ぶりに姿を見せます。幼いころから親子でアマチュアの選手を追い続けてきたミッキーは、父親のスカウト業を助けようとしゃかりきになります。父はそんな娘をいぶかしみます。彼女は自らの仕事振りが認められないことに傷つき、事務所を飛び出したのでした。

父娘はあるアマチュア選手を追い続けます。ボー・ジェントリーという長距離打者です。他球団もマークするほどの好素材。ガスはあるスカウトの姿を認めます。かつて自らが投手として発掘したジョニーでした。彼は将来を期待されていたものの、選手としては芽が出ずスカウトに転身したのです。

メジャーリーガーにはなれなかったものの、屈託のない好青年。自然、ジョニーとミッキーの間に恋が芽生えます。それをまぶしそうに眺めるガス。

しかし、彼には不安がありました。ひとつはミッキーの弁護士としての将来。娘の職場での孤立。それを支えるパートナーにも恵まれない、いや異性に心が開けないのは、仕事優先で幼少期に娘に寄り添えなかったせいではないかと悔いるのです。事実、そこにはある秘密が隠されているのですが…。


もうひとつの不安は本業のスカウト。球団側はボー獲得の意向を固めますが、ガスは彼の欠点を見抜いていました。この映画の原題は「Trouble with the curve」。つまり変化球に弱いのです。ところがデータ重視に凝り固まった球団と、スカウトの責任者たちはガスの意見を聞き入れません。球団はボーの指名を強行。ガスは球団を去ることになります。

老境にして、唯一心のよりどころであった野球を奪われたガス。
老スカウトマンの眼力の正しさを証明したのが、なんとミッキーでした。彼女は無名のアマチュアピッチャーを連れて、ブレーブスの本拠地に現れます。彼はボーのアマチュア時代に球場で売り子をしていた青年でした。彼は得意球のカーブを放ります。どこの馬の骨かもしれない投手との対戦を強いられたボーはいきり立ちますが、カーブに手も足も出ません。将来の主軸として自信を持って球団が獲得したボーは、ガスの見立てどおり見掛け倒しでした。

ジョニーと旅立っていく愛娘のミッキーを、ガスはまぶしそうに見送ります。
おとぎ話のようですが、野球は金やデータでするものではない。1球のボールと一本のバットから思いもよらないドラマが生まれるスポーツなのです。

スカウトという普段日のあたらない役どころに目をつけたのも、この映画に深みを与えています。日本のスカウトがまさに影のような存在なのに対して、アメリカには球場で目だって仕方のないスカウトもままいるようです。野茂の現役時代のこと。バックネット裏でスピードガンを構えている白ずくめのスーツのスカウトが必ず中継に映っていたこともありました。

とはいえ、その実態は一般にはあまり知られてはいません。ですからガス=イーストウッドのように80歳の超ベテランスカウトがいたとしてもあまり違和感がありません。そんな厄介者扱いのオールドボーイが、一躍ヒーローになるラストは野球というスポーツの痛快さをあらためて教えてくれるようです。